更年期障害になると、どのような症状が現われるのでしょうか? 代表的な更年期障害の症状は、以下の通りです。 ・頭痛 ・不眠 ・ほてり ・イライラ ・肩こり ・月経異常 ・性欲減退 ・めまい ・不安 ・多汗 ・動悸 ・むくみ 更年期障害を発症すると、頭痛や肩こり、むくみ、動悸、多汗、めまい、月経異常、性欲減退といった症状が体に現われます。 また、精神的な症状として、常にいらいらしたり、わけもなく不安を感じたりすることがあるでしょう。 これらの症状はごく一部なので、人によっては吐き気や嘔吐、食欲不振、手足のしびれ、神経質、うつ、冷えといった症状が現われる場合もあります。 どのような症状が現われるのかは人によって異なりますから、最近なんだか体調がおかしいと感じたり、心が安定しないと感じた場合は、なるべく早く医師に相談された方が良いかもしれません。 更年期障害を発症しても、仕事の疲れや風邪などと勘違いしてしまうケースが多いです。 しかし、そのまま放置してしまうと日常生活に大きな支障をきたす恐れがあるので注意してください。